プロの手洗い洗車とコーティングのやり方

洗車に用意するもの洗車

プロの手洗い洗車とコーティングのやり方について

手洗い洗車して細かい砂などをとってから、しっかりと拭き取って、コーティングするのですが、洗車とコーティングの順番を間違えないようにしないと車体にキズをつけてしまいます。

洗車場で高圧洗浄機を使って手洗い洗車

洗車に用意するもの

バケツ、長靴、車用洗剤、コロイド洗浄剤、スポンジ、タオル、マイクロファイバークロス、粘土、1層目の長期間維持用のコーティング剤、2層目の短期間維持用のコーティング剤を用意してください。洗車場などで高圧洗浄機を使用します。純水を利用できる設備があればベストですが、ない場合が多いと思いますので拭き取りがしっかり必要です。純水で洗う場合は水分の拭き残しは気にしなくても問題ありません。

手洗い洗車のやり方で注意することは、洗う順番に注意し、ボディーにキズをつけないこと

洗車の方法

ボディーにキズをつけないためには、洗う順番に気をつけなければなりません。

まず一番汚れている足回りから高圧洗浄機で汚れを落とします。まずは天井から洗っていく。

砂とかが付着していればボディーにキズをつけてしまうからです。

それからボディー左右側面を洗って、ボディー前面を洗って、最後に汚れがひどい後面を洗う。

スポンジは切れ目がはいったものを使ったほうが細かな粒子を包み込んでとれるのでいい。スポンジは裏表裏表で使う。

手洗い洗車するとき特に注意すること

砂とか草とか付着したときは、バケツに入れた洗剤で洗い落としてから使うこと。砂や草が付着した状態で洗わないことに注意!洗剤が乾いてきたら乾かないように水をかける。乾いた状態のまま洗うとキズが付きやすいです。炎天下作業の場合シャンプーの乾きが早くなるため部分ごと洗い流したほうがいい。洗う時にゴシゴシこすらないように。粘土のような硬いものでこすらない。タオルで拭かない。むやみにコーティング剤を使用せず実績のあるものを使用すること。水道水に含まれるミネラル、カルシウムの成分が水アカの原因になるため自然に乾かさない。

ボディー塗装を水圧で痛めないように高圧洗浄機のノズルは斜めにして水があたるようにしたほうがいいです。

ボディー前面はラジエターやエアコンコンデンサーなどデリケートな部分があるため中に水が入らないように上からノズルをあてるようにしましょう。

ムラができないように洗うこと

洗車の注意点

手洗い洗車では注意しないとムラができやすいです。

スポンジを使って面単位で洗っていく方がムラができにくく洗い残しを防ぎやすい。

まずは外回りを洗ってからその内側を洗うというやり方で線で洗うよりすべて洗えます。

ホイールはタオルで洗ったほうが細かいところが洗いやすい。

コーティングは下地が重要

コーティングは下地が重要

ボディーについている細かな鉄粉を粘土で落としたほうがいい。

コーティングは1層目、2層目と重ね塗りが有効です。コーティング剤は2種類使用したほうがよく、1層目のコーティングは3年ぐらいもつベースのコーティングです。2層目のコーティングは1カ月ほどで汚れと一緒に落ちるコーティングです。イージーグロスコートナノで細部を仕上げれば、汚れを落としながらコーティングができます。

マイクロファイバークロスを使って拭きます。

おすすめコーティング剤についてはこちらを参考にしてください。

コメント